言葉

「チルい」の元ネタとは?音楽を始めとした複数の説を解説する

「チルい」の元ネタとされているのは、音楽ジャンルのヒップホップの「chill out」です。ヒップホップの世界では、ゆったりとしたリズムで流れる音楽のことを「chill out」と表現します。この単語を「チルい」と略す形で若い人が使い出したのが始まりという説が有力です。

「チルい」の元ネタ

音楽

若い世代を中心に日常生活で利用する人も多い、「チルい」という言葉の語源や意味について、詳しく理解していない人も少なくありません。「チルい」の元ネタとされているのは、音楽ジャンルのヒップホップの「chill out」です。

ヒップホップの世界では、ゆったりとしたリズムで流れる音楽のことを「chill out」と表現します。この単語を「チルい」と略す形で若い人が使い出したのが始まりという説が有力です。「チルい」は落ち着く、まったり、くつろぐといった意味になります。

隠語

ヒップホップ以外で元ネタ候補として挙がっているのが隠語です。法律で禁止されている、いわゆる違法薬物は精神をリラックスさせる目的で使用する人も少なくありません。

こうした理由から、チルは違法薬物を使う行為の隠語ではないかという説もあります。法律で禁止されている行為が元ネタだった場合、例え目的は違っていても口にすることで自身のイメージが悪くなるのは避けられません。

英語圏ではチルという言葉を、女性を誘う行為として使うこともあります。そのため、意中の女性を自宅に誘うナンパ行為が元ネタという説もありますが、隠語と同様に印象は良くありません。

とはいえ、「チルい」は男性だけでなく女性も使っているため、マイナスのイメージに繋がる隠語、ナンパが元ネタの可能性は低いと言えます。

「チルい」の使い方

「チルい」は日常生活で使いやすい若者言葉として人気があります。中でも多くの人が使うのが、日常会話で自分の気持ちを伝えるタイミングです。恋人や友人から休日の過ごし方を聞かれた時に、外出をせずにのんびりくつろぎたいという気持ちを家で「チルりたい」と表現します。

電話やメールで会話をしている時に、今の自分の状態を部屋で「チルり中」という言い方で伝える人も少なくありません。言葉のイメージから、何もしない時に使うという認識を抱いている人もいます。

「チルい」はアウトドアレジャーでも使える単語です。都会の喧騒を離れて山に登って静かな環境に身を置きたい時は、「山チル」という言い方で表現します。

そのほか、特に目的もなく気の向くままに移動をする旅行を表現する時に適している表現が「チル旅」です。基本に捕らわれず、自分なりのアレンジで幅広い使い方ができるのも人気の理由と言えます。