言葉

「尊い命」とはどういう意味?どんな時に使うのか使用例も解説

「尊い命」とは、非常に貴重な命という意味です。「尊い」という言葉には、価値が高い、他のものと取り換えることができないという意味があります。人や動物の命は一つしかないためもともと貴重なものですが、「尊い命」と表現することで、その重要性がより強調されます。

「尊い命」の意味

「尊い命」とは、非常に貴重な命という意味です。「尊い」という言葉には、価値が高い、他のものと取り換えることができないという意味があります。

人や動物の命は一つしかないためもともと貴重なものですが、「尊い命」と表現することで、その重要性がより強調されます。一度失われてしまったら他のもので埋め合わせることができない、とても大切なものという意味合いになります。

「尊い命」の使用例

「尊い命」という言葉は、主に命に関わる、重要性の高い文章で使用されています。代表的なものとしては、事故や災害で多くの死者が出た際などに使用される、「多くの尊い命が失われた」という表現です。

また、自殺に関する報道では「尊い命を自ら絶ってしまう人々の存在」という表現が見られます。他にも、募金活動では「たくさんの尊い命を守るためにご協力ください」という呼びかけが行われています。

人間だけでなく、動物に対しても「尊い命」という表現は使われます。犬や猫などの保護活動では「小さな尊い命を守るためにご協力をお願いします」といった表現が使用されています。

命の大切さを訴える文章でも、「尊い命」という表現は欠かせません。いじめや虐待の防止、自殺率低下への取り組みなど、さまざまな目的で登場します。また、「尊い命」の言い換え表現として「命の尊さ」も多く使われています。

「尊い」の別の意味

「尊い命」という言葉における「尊い」は、かけがえのない貴重なものであることを表しています。しかし「尊い」という漢字には、他の意味も存在します。

代表的なものは、神聖、高貴、身分が高いという意味です。他にも、徳が高い様子や、崇高である様子も表しています。「ご尊父(そんぷ)」のように、相手を敬う言葉につく場合もあります。

また、2010年代からSNSなどで見られるようになった「推しが尊い」という言葉では、アイドルやキャラクターなどに対して素晴らしい、感動するといった気持ちを表すために使用されています。